旅するタイランド
タイの旅行をもっと楽しく快適に
その他

バンコクでメーター使用の安全なタクシーに乗るにはどうすればいい?

バンコクの道路を走るタクシー

バンコクは派手な色のタクシーがあふれています。初乗り35バーツで気楽に利用できるタクシーですが、ぼったくられたり乗車拒否などのトラブル情報が溢れていて心配になるかもしれません。

そもそもバンコクのタクシーには日本と違う特徴があります。それは

  • 乗車拒否が多い
  • ぼったくり運転手がいる
  • お釣りがない
  • 道を知らない

です。どうみてもタクシーとして問題がありますが、あらかじめ知っておけば安全にタクシーを利用できるコツもあります。

メーターを使うタクシーを選ぶ

道路を流しているタクシーを選びましょう。普通にメーターを使う運転手が多いです。

有名観光スポットや小規模ホテルの周りで客待ちしているタクシーはメーターを使わず高めの金額を言ってくることが多いので避けたほうが無難。声をかけてくるタクシーは無視しましょう。

前方の助手席側に赤い文字が表示されていたら空車です。止めるには日本と同じように手を上げますが、タイ人は腕を水平くらいに伸ばして止めています。

行き先を告げる

タクシーが止まったら、まず助手席のドアを開けて行き先を告げます(運転手が窓を開けてくれる場合もあり)。

有名ホテルや寺院・BTSの駅だとすぐ理解してもらえますが、そうでないときはタイ語の住所を見せるのがいちばんです。

地図を運転手に見せない

多くのドライバーは地図が苦手らしく、地図を見せて場所を示すとほぼ乗車拒否されます(とくに日本語や英語で書いてある地図)。

乗車拒否はあたりまえ

バンコクのタクシーは乗車拒否は日常茶飯事です。その理由は、道を知らない、自分が向かってる方角じゃないなどです。乗車拒否されるのは日本人だけでなくタイ人も同じ目にあっています。気にせずに次のタクシーを探しましょう。

料金を言ってきたら

金額を(英語で)言ってきたらメーターを使わないタクシーです。メーターで50バーツなら100〜200バーツ、メーターで100バーツなら200〜250バーツくらいの料金が多いです。日本のタクシーの初乗り料金を考えれば高くないのですが、断るなら「ノーサンキュー」と言って次を探しましょう。

ほぼ無反応だったら

運転手が小さくうなずくか無反応・無表情のときは「いいよ」です(わかりにくい)。乗る前に「メーターナ」(日本語の「メーターね」と同じ調子)と言っておきましょう

乗車する

前のドアを閉め、後ろのドアを開けて乗り込みます。

ここまで来ればほとんどの運転手はメーターを使いますが、中には後ろの座席に座った直後に金額を言ってくる曲者もいます。高いと思ったらその場で降りて問題ありません(やはり「ノーサンキュー」と言っておきましょう)。

走り出したら

メーターは35バーツから始まります。

タクシー料金は

1km:35バーツ
10kmまでは、1kmごとに5.5バーツ
10〜20kmまでは、1kmごとに6.5バーツ
20〜40kmまでは、1kmごとに7.5バーツ

のようになっていますが、実際のメーターは2バーツごとに表示されます(2017年4月の金額)。

金額は、走行距離と時間で決まるので渋滞していてもメーターの数字が上がっていきます。

料金が急激に上がるターボメーターに注意

急速に数字が上がる改造メーター(ターボメーター)のタクシーが問題になっています。メーターが止まらないで上がり続けるなら(30秒で20バーツ加算とか)、すぐにタクシーを止めて降りましょう。

安全な方法は、怒らずに料金を支払ってさっさと降りることです。お釣りは要求しないで車から離れましょう。

目的地の付近まで来たけどたどり着けない

運転手が付近にいるタイ人に道を確認してくれることがほとんどです。電話番号を見せれば運転手が自分で確認してくれることが多いので用意しておきましょう。

目的地に着いて料金を払う

荷物がトランクにあるときは降りて荷物を出してから、ないときは座席で料金を渡します。

お釣りは出ないと思って適当に切り上げして渡しましょう。

メーターが65バーツなら70バーツ(または100バーツ紙幣)
メーターが130バーツなら150バーツ

言い値で乗った場合はその金額を払えばいいでしょう(切りの良い金額のはずです)。他の国だと言い値が1人分で人数分取られたことがありますが、バンコクでそこまで悪質なタクシーに出会ったことはありません。

安全に利用するコツ

ほかに、タクシーを乗るときに知っておくと便利なコツをまとめてみました。

乗る前に小銭を用意しておく

タクシーの運転手はお釣りを用意してないこととが多いので、20バーツ、50バーツ紙幣などの小銭を用意しておきましょう。セブンイレブンなら1000バーツや500バーツ紙幣を出してもお釣りをもらえます。

多少ぼられても気にしない

ボッタクリの被害者は日本人に限りません。アジア(タイ人含む)・ヨーロッパ・中東なんでもありです。

タクシーの初乗りは35バーツ。ぼられてもたかが知れています。

運転手と喧嘩しない

運転手と喧嘩するのはやめましょう。タイ人は大声で話すことが少ないので怒鳴られるのも苦手です。穏やかに交渉してダメなら諦めましょう。

雨が降ったら要注意

雨の日は空車を見つけるのが難しくなります。運転手も強気で高い金額を要求してきますが、雨は数時間で止むのでその後タクシーを探すのがおすすめです。

短い距離でも乗れる

タイ人は1km、2kmでもタクシーに乗ります。

長い距離だと断るタクシーもいる

10kmくらいの距離を嫌がるドライバーも多いです。連続して乗車拒否されたら最寄りのBTS駅などを行き先にしてみましょう。

証明書は本人とは限らない

助手席の前に運転手の写真付き証明証が表示されていますが、又貸ししている場合もあるので別人だったりします。2人の証明書が表示されているタクシーもあります。別人だから即危険なドライバーというわけでもありません。

深夜は気をつける

深夜のタクシーでの事件がときどきニュースになります。

これまで深夜の空港から中心地まで何度もタクシーを利用して問題ありませんでしたが、女性1人は避けたほうがいいかもしれません。

シートベルトは忘れずに

2017年4月から後部座席のシートベルト着用が義務付けられました。違反だと罰金です。ですがここはバンコク、親切に教えてくれる運転手もいますが、何も言わない運転手もいます。安全のため・罰金で不快な思いをしないため、タクシーに乗ったらシートベルトを着用しましょう。

まとめ

バンコクのタクシー運転手は、不機嫌な人からご機嫌な人までバラエティーに富んでいます。日本企業で働いていたと教えてくれることも多いし(リップサービスかもしれませんが)、日本のお菓子をくれたドライバーもいました。

日本のタクシーにくらべると面倒くさいのですが、タクシーを使えば行動範囲が広がりるので利用してみてください。