旅するタイランド
タイの旅行をもっと楽しく快適に
グルメ

タイの食堂にある4種の調味料の使いこなし方、教えます

調味料セット

タイの食堂やレストランに行くと、テーブルの上に4種類の調味料入れが置いてあることに気づきます。この調味料、タイの人々には欠かせない味付けのツール。砂糖を入れたり、酢を入れたり、細かく調整しながらタイ人はオリジナルの味をつくっていんですね。

これに習わない手はありません。4種の調味料の中身と使い方をご紹介します。



調味料入れの中身は何?

調味料の中身はお店によって微妙に異なりますが、だいたい以下のうちのいずれか4種類です。

  1. 砂糖(ナムターン)
  2. 粉唐辛子(プリックボン)
  3. 輪切り唐辛子の入った酢(ナムソムプリック)
  4. 砕いたピーナッツ(トゥアブップ)
  5. ナンプラー
  6. 唐辛子入りナンプラー(プリックナンプラー)

お店によっては、3のお酢が赤唐辛子入りと青唐辛子入りの2種類あったり、ナンプラーが調味料入れにはなく、ボトルのまま置いてあったりと、バリエーションはさまざま。

調味料セット

一般に麺料理のお店の場合、上の写真のように

  • 砂糖(ナムターン)
  • 粉唐辛子(プリックボン)
  • 輪切り唐辛子の入った酢(ナムソムプリック)
  • 砕いたピーナッツ(トゥアブップ)

の4つを調味料入れに入れているところが多いようです。ピーナッツが麺料理のクイティアオやバミーにはよく合うからかもしれません。

ともあれ、これらの調味料はタイ料理をより美味しく食べるための助っ人。いろいろ試してみてください。

調味料はこうして使おう

あくまで私の食べ方をもとに、使い方を挙げてみました。

  1. 砂糖をかける

タイ人は、調味料入れの中にある砂糖をばんばん使います。え、そんなにかけちゃうの?と思うほど入れる人も珍しくありません。

日本人には「なんだかなあ」と思う食習慣ですが、これ、意外に悪くないんですね。例えば、クイティアオにちょっと入れてみてください。コクが出ることに気づくはずです。

量はほんのちょっとで十分。でもそのちょっとで、がぜん味が「本格タイ料理」らしくなるから不思議。

2. お酢をかける

赤唐辛子入りのお酢よりも、青唐辛子入りのお酢の方が酸味が効いています。私の好みは、赤唐辛子入りのお酢をクイティアオやパッタイにかけて食べるスタイル

お酢を入れるとただ酸っぱくなるだけのように思いますが、やってみると、辛味が効いているので、さほどではありません。よく日本でも焼きそばにお酢をかけて食べますが、あれよりも酸味は抑えられます。いいあんばいの酸味とコクといえばいいのかな。一度この味に慣れてしまうと、もうお酢なしでは物足りません。

3. ピーナッツをふりかける

砕いたピーナッツは麺料理全般とよく合います。食感に変化が出るのと、ピーナッツの風味が口の中で広がって、安い麺料理もちょっとアップグレードするカンジです。

4. ナンプラーをプラスする

私はほとんどしませんが、味が物足りなくて、濃くしたいというときにはかけた方がいいのかも。

5. 粉唐辛子をかける

言うまでもなく、辛味をプラスしたいときに使います。タイ料理って、やはり辛さが非常に大事というか、ある程度の辛さあってのタイ料理だと思うのです。ちょっと辛くてスパイシーぐらいの方が美味しいし、美味しいと評判のタイ料理の店はほとんどが辛い。タイ料理と唐辛子とは不可分の関係にあると思います。

なので、この店の料理は辛さがちょっと足りないなあと思ったら、少しだけプラスしましょう。くれぐれも少しだけ。あと、唐辛子を触った後の手で目に触れないように。大変なことになりますー。

まとめ

調味料はタイ人の創意工夫のたまもの。お店によって料理の多少味が違うのなら、自分好みに仕上げちゃえばいいや、と開発されたのが調味料セット。出てきた料理にがんがん調味料を加えて、オリジナルの味にしても、お店の人は全然イヤな顔などしません。それが当たり前なのです。

ぜひ目の前のひと皿を自分流の味にカスタマイズしてみましょう。