旅するタイランド
タイの旅行をもっと楽しく快適に
ショッピング

タイのプチプラコスメといえばこれ!Beauty Cottageは見逃せません!

Beauty Cottage

旅行先で思わず化粧品を買いたくなったりしませんか?その国オリジナルのコスメや可愛い化粧品雑貨などを見て回るのは楽しいですよね。

今回は、思わずジャケ買いしたくなる可愛いタイのコスメブランドを紹介します。プチプラコスメ好きには見逃せないはず!?



ブランドの名はBeauty Cottage

私が思わず一目惚れしてしまったパッケージに包まれた化粧品のブランド名は、Beauty Cottage。同行していた日本人女性3人(しかも私より若い)がみーんな声を出して「いやん♡可愛い、なにコレ♥」といっていたので、単に私だけが気に入ってしまったというわけではありません。いやホントにキュートなんですよ。

どうでしょう。ゴシックでレトロ調のこのデザイン。すごく個性的で可愛くないですか。確かほとんどの商品は紙の箱入り。その紙の箱に描いているイラストがホントにステキ。

ちょっと個別に見てみましょう。

beauty cottageこれはチークなんですが、中身はこちら。

beauty cottage

容器を開けても愛らしい。まるでお花のような美しい色合いと形状です。エンボス模様もすごくいい。430バーツなり。ちょっと容器自体はチープかな。

beauty cottage

こちらはアイシャドー。5色入です。450バーツ。

beauty cottage

使う順番がふってある。説明書に使い方が出ています。このグリーンのグラデーション、なかなか使えそうじゃないですか。

beauty cottage

これは2色入りのアイシャドー。295バーツ。

beauty cottage

色味がまったくキャピキャピしていない。シックなカラーなので、大人(というか年のいったオンナ)が使っても問題ないです。それが何より。beauty cottageスティックタイプのリープバームもこんな可愛いパッケージ入り。

beauty cottage

リップバームなので、さすがに中身はおとなしい。ごくごく普通のバームです。別に香りがきっつーいということもありません。値段を控えそこなったったのですが、多分200バーツぐらい。

beauty cottage

最後がリップグロス。イラストがいいですねえ。でも、中身はリップバーム同様おとなしめ。215バーツです。

beauty cottage

発色、悪くないです。ただ、シャドーやチークなどの粉物と比べるとちょっと物足りないかな。

以上、私の結論としては、このプチプラコスメの個性にどっぷりと浸かるならシャドーかチークを。ばらまきなら土産にするならリップバームがオススメです。値段も安目だしね。

品質はどうなんだ!?

タイのコスメなんて、使うのは不安。品質、大丈夫なの?などという声もありそうですが、その点、心配はいりません。

このBeauty Cottageの製品のほとんどを作っているのは、実は、日本の化粧品会社なのです。日本のメーカーだけじゃなくて、ヨーロッパの高級ブランドなんかも作ってきた会社なので(相手先ブランドで製造しているメーカーです)、品質は心配におよびません。

いま日本で使っているコスメとほぼ同等のクオリティを備えたタイ生まれのブランドだと思ってください。

紙の箱はもう捨ててしまったので、パッケージデザインへの感動は正直、最初のときだけなんですが、それこそコスメを買い物する醍醐味ではないでしょうか。

実際、使ってみてもシャドーもチークも普通に使えるし、発色もいいです。「◯◯色」とはっきりうたえないような微妙で繊細な色を得意としているブランドなので、若くなくても使える! きっと好みの色がきっと見つかると思います。

セントラルワールドかターミナル21のお店へ行こう

バンコク市内にはこのBeauty Cottageの店は20店以上ありますが、旅行者に一番行きやすいのは、セントラルワールドかターミナル21のショッピングモールでしょう。

問題は売り場があまりにわちゃわちゃしていて、「若い子向き」にしか見えないこと。これですもん↓

beauty cottage

せっかくのゴシックでセンス良いパッケージデザインなのに、それを微塵も感じさせない売り場演出が残念でならない‥。ここに入っていくのって、若くないと躊躇しますが、そこはそれ。ここはタイなのだから気にする必要なし。人のことなんか誰も気にしていませんから。

ゴスロリ調のユニフォームに身を包み、ばっちりメイクしたお店のスタッフはタイ語オンリーですが、見ているとニコニコしながらいろいろオススメしてくれます。ジェスチャーで問題なし! ぜひ積極的に売り場を見て回ってみてください。