旅するタイランド
タイの旅行をもっと楽しく快適に
その他

バンコクのルーフトップバー、おすすめの時間帯は夜じゃなくて夕方です

ルーフトップバー

いまやバンコクの名物となりつつあるのがルーフトップバー。高層ビルの屋上でバンコク市内を見下ろしながらお酒や料理が楽しめるバーが本当に増えてきました。

風に吹かれながらバンコクの夜景をおつまみに、ビールやワイン、カクテルを飲めるとあって、ビジュアル的にもキレイだし、たくさんのメディアや個人blogで紹介されていますが、ちょっと待った! 行くのなら夜更けてからではなく、夕方がおすすめです。さて、その理由とは…?



美しい写真が撮れます

夜空の写真ってプロでもなかなか難しい。ある程度の技と良いレンズが必要だと思います。その点、だんだんと沈んでくる夕日の美しい写真であればスマホでも問題なし

ルーフトップバー

上の写真は、プロンポンにあるコンパススカイビューホテルの上にあるルーフトップバーのバニラスカイから見たバンコクの街。iPhoneで撮りました。技入らずです。

夕日に染まるバンコクの街をこれだけキレイにとれるのだから大満足。夜だとこうはいきません。

空いているので良い席を確保できる

おおかたのルーフトップバーは、17時もしくは18時からオープンします。で、夜が更けてから行くとかなり混み合っているんですね。立って飲んでもいいけれどあまり長時間はいられないし、食べ物も食べにくい。せっかく行くのであれば、オープン直後に行って、展望を楽しめる良い席で飲みましょう

ルーフトップバー

お店の人のサービスがいい

混んでくると悪気はないのかもしれませんが、お店の人の対応が雑になります。それでなくても、タイの人はあまり気が利く方ではないので、呼んでも気が付かなかったりして、注文するのも一苦労することが少なくない。

ルーフトップバー

その点、まだあまりお客が多くない時点に行けば、良い席を確保して、じっくりメニューを見ながら注文できます。同じお金を落とすなら、こちらの方がコスパがいいです。

どうしても夜景を見たいなら

いやいやせっかくルーフトップバーに行くのだから、キラキラ光る夜景を楽しまなくちゃ!という方。わかります。でも、その場合も夕方から行けばいいんですよ。早い時間帯から席を陣取って、お酒を何杯か飲んでゆっくり構えて、夜がふけるのを待ちましょう。

ルーフトップバーこの写真で夜7時半ぐらい。けっこうキレイに撮れていますね。

バンコクは午後 7時ぐらいまでは明るいので、撮影タイムとしては午後5時過ぎ〜7時過ぎというところでしょうか。でもこれはあくまでスマホで済ませたい人の場合です。

まとめ

最後に、私がオススメするルーフトップバーの利用手順を挙げてみます。

  1. オープン直後に行く
  2. 良い席を確保
  3. お店の人と仲良くなってオススメメニューなどを聞いて注文
  4. 夕焼けを楽しみつつカンパーイ!
  5. 徐々にふけていくバンコクの街を満喫

続々と増えているバンコクのルーフトップバー。大雨が降るとつらいですが、晴れた日の夕方以降に行くと本当に気持ちがいいですー。ぜひお楽しみを。