旅するタイランド
タイの旅行をもっと楽しく快適に
その他

バンコクは雨季でも旅行できる? スコールは激しい? に答えます

バンコクの雨季は5月下旬から10月下旬まで6ヶ月もあります。雨季の雨は強烈なスコールです。せっかくの観光スポットで降られたら困りますよね。

でも、スコールの過ごし方や持ち物を知っておけば、雨季のバンコク旅行も快適に過ごせますよ。



雨季の雨は短時間

バンコクでは雨季といっても雨が降るのは日に1時間くらい。日本の梅雨と違って一日中雨が降ることはありません。ただし、強烈な雨が降ります。

ただし、局地的な雨が多いので、別の駅に移動したら、道路が乾いてるということがよくあります。

スコールの最中は傘をさしても歩けません。前も見えないし、間違いなくずぶ濡れになります。何より危険です。凸凹の多いバンコクの道なので、足元が水浸しの状態で歩くのは避けましょう。

道路の水はけも悪いので、急激に道に水がたまります。今や観光スポットの一つTerminal21があるアソークの交差点などはあっという間に水浸しになります。すぐ冠水する道路はバンコクっ子たちにも不満の種なのですが、なかなか改善されません。

地元の人はどうしているかというと、雨宿りしています。仕事中でも雨の中は歩きません。私たち観光客も見習って雨宿りしましょう。雨が降り始めるとあっという間に豪雨になることが多いので、早めに室内に避難しましょう。

雨が降っているのは、強いのは1時間くらい。1時間半も待てば雨が上がります。無理に移動しないで、カフェやショッピングモールで時間を潰しましょう。雨季の旅行スケジュールは、雨宿りの時間を入れて余裕をもたせると安心です。

持ち物・服装

雨が小ぶりになれば、折りたたみ傘で出歩けます。といっても、30分くらいで止むので傘がなくても何とかなります。

折りたたみ傘を買う場合は、小売店の店先や、屋台を探してみてください。たさし、売っているのは女性用のデザインのみです。傘をさしているのはほとんど女性なんですよ。

コンビニにはビニール傘はありませんが、ビニールのカッパを売っています。レジ付近探すと見つかります。雨がひどいときはカッパも役立たないと思いますが。たまに180バーツくらいの傘を売っているコンビニもあります。

雨が降っても日本の梅雨のように気温は下がらないので、濡れても寒くありません。バンコクに旅行するときは、雨季でも日本の夏の服装のみで大丈夫です。ただし、室内の冷房用に長袖を用意するといいでしょう。濡れた服装で冷えた室内に入ると風邪をひきそうになります。

高架鉄道BTSや地下鉄MRTの中もギンギンに冷えているので冷えないように注意しましょう。

気温は1年の中では低いほうですが、湿度は高めになるので、雨季に旅行しても暑いままです。

タクシーの移動は大変

雨でもBTSやMRTは通常通り運行しますが、問題はタクシーです。

空車を捕まえるのも至難の業だし、いきなり強気になりメーターを使わずボッタクリの運転手も増えるし、乗車拒否は増えるし、と困ったものです。

さらに、雨が降ると渋滞は最悪になります。晴れていても渋滞はひどいのですが。

この場合もいちばん良いのは雨が上がるまで待つことです。渋滞はひどいままですが、乗車拒否やボッタクリは減るので利用しやすくなります。

タクシーの運転手はスコールで冠水する場所を知っていて、乗車拒否する場合もあるので、諦めるしかない場合もありますよ。

まとめ:意外と過ごしやすい雨季の旅行

バンコクは雨季でも、1日の大半は晴れているし、気温は暑いままなので、旅行にことはほとんどありません。

「少し待てば何とかなる」はタイ人の気質でもあるようです。雨が降っても焦らず、ゆとりを持って行動すれば、雨季のバンコクも楽しめますよ。