旅するタイランド
タイの旅行をもっと楽しく快適に
その他

バンコクのBTSを利用するときの注意点。ベルが鳴ったらもう○○しちゃダメ

BTS

BTSが開通したことで、バンコクの町の交通の便は劇的に良くなりました。

最初の頃はがらがらでしたが、最近は朝夕ともなるとかなり混雑しています。とはいえ、東京ほどのラッシュではないのでご安心を。

BTS

で、このBTS、日本の地下鉄や電車と違って、乗るときにはちょっとした注意が必要です。それは何か?ご紹介しましょう。



BTSが発車するときにはベルが鳴ります

東京で地下鉄やJRの電車が発車するときにはベルが鳴りますよね。

バンコクのBTSも同じです。発車前には、ピピピピ♪という音がなります

この動画の45秒あたりを見てみてください。ピピピピという音が鳴っているのがわかると思います。

ベルが鳴ったら無理して乗ってはいけません!

さて、ベルが鳴るところは同じですが、日本の電車と違うのは、ベルが鳴って駆け込んでもほとんど待ってはくれないということ。

日本だと、ベルを聞いて駆け込む人が多いですよね。で、駆け込む人がいたら待ってくれたりします。それが日本。

でも、BTSはそうじゃない。ここはタイです。ベルが鳴ったら、それは掛け値なしに「もう出るよ」の合図

BTS

ベルが鳴り終わると同時に、ドアは容赦なく閉まります。たとえ走って来る人がいようとも、無慈悲にドアは閉められます。

私も何度も経験しました。音が鳴り終わると同時に、目の前でぴしゃっとドアが締まります。

「待ってくれる」と思ってはダメ。ピピピピ♪の音が鳴ったら、無理して駆け込まない方がいいですよ。それがバンコク在住者からのアドバイス。

待ってはくれないからとカリカリせずに、タイらしくまったりのんびり行きましょう!