旅するタイランド
タイの旅行をもっと楽しく快適に
グルメ

野菜をたくさん食べられるタイ料理

タイ旅行で食べたい料理は、グリーンカレー、カオマンガイ、ガパオライス、パッタイ、プーパッポンカレー、いろいろありますが、有名なタイ料理には野菜は少ないですよね。

生の野菜を添えてあることは多いのですが、調理した野菜料理は見逃しがちです。

そこで、今日は野菜を多めに食べたいな〜と感じたときに手軽に食べられるメニューを紹介します。

紹介するのは、辛みや香りが少ないめにゅーで、日本のご飯がにも合いそうな料理です。

香辛料が強い料理にちょっと疲れたというときでも注文できますよ。



スッキー・ナーム/ヘーン

スッキーはタイスキのこと。タイスキはコカレストランやMKのような専門店で食べるのが普通ですが、紹介するスッキー・ナームとヘーンは、単品料理として一人前にアレンジしたものです。

というと大げさで、タイスキの具を使ったB級料理なんです。

ナームとヘーンの違いはスープがあるかどうか。

スープなしのタイスキが想像しづらいのですが、タイスキの具を一気にまぜて卵をあえて加熱したものという料理です。

ナームもヘーンも、タイスキのタレをつけていただきます。

見た目はさえないのし、味もちょっとインパクトがありませんが、やさしい味で す。食べ過ぎで疲れたときにはホッとしますよ。

スッキーナーム、ヘーンはフードコートなら見つけやすいでしょう。どんぶりに一人前の材料を用意して店の前に積み上げていることが多いです。

パックブーン・ファイデーン

空芯菜の炒め物です。

パックブーンは空芯菜のこと。ファイデーンは赤い火です。

大量の空芯菜を強い火力で炒めたもの。

タイ料理に特有というよりも、東南アジア全域で食べることができます。

プーパッポンカレーでおなじみのソンブーンにもパックブーンファイデーンがあります。美味しいのでぜひ注文してみてください。

カラムプリーナンプラー

カラムプリーパットナンプラーと呼ばれる場合もあります。キャベツのナンプラー炒め。にんにくが効いています。

キャベツと大量のにんにくだけなのですが、やさしい味で日本で言えばご飯が進む味です。

タイのキャベツは日本のキャベツと比べるとかたく感じます。よく噛んでみると味があっておいしいです。

カラムプリーナンプラーは、ただキャベツを炒めた料理と思うなかれ、強い味付けに少し疲れたら、一品加えてみてください。食欲が復活しますよ。

まとめ

野菜中心のタイ料理と言えばならソムタムがあります。

辛い酸っぱいの代表的タイ料理なので、このリストには入れませんでした。

空芯菜もキャベツも、日本で考えると大量の分量を使った料理です。

野菜不足を感じたら、ぜひ一品注文してみてください。

via PressSync