旅するタイランド
タイの旅行をもっと楽しく快適に
その他

【実体験!】バンコクで歯が痛くなったらココ。日本語が使える歯科を紹介します

旅行中に歯が痛くなったり、詰め物が取れるのは困り物ですね。でも、バンコクなら日本語が通じる歯科医がいくつもあるし、とりあえず一時的に処置してもらうこともできます。

痛み止めや抗生物質だけもらったり、取れた詰め物を直してもらったり、仮止めしてもらうことも、バンコクなら困りません。

海外旅行保険では歯科は適用外なので、自費で支払わなければならないのが難点ですが、我慢できない痛みなら診察してもらいましょう。



旅行中の歯のトラブルとは

歯が痛くなった

痛み止めで様子見できるなら、バンコクで買える鎮痛剤は、

  • タイレノール
  • イブプロフェン
  • ロキソニン

です。

  • タイレノールは、コンビニ、薬局
  • イブプロフェンは、薬局
  • ロキソニンは、アソークのブレズ薬局

で入手できます。ブレズ薬局は日本人担当者が常駐しているので、説明に迷ったら相談してみてくだい。

 

歯ぐきが腫れた

抗生物質で一時的に腫れがおさまる場合があるので、薬局で相談してみましょう。私も歯ぐきが腫れたとき、ブレズ薬局で抗生物質と抗炎症剤を処方してもらったことがあります。

詰め物が取れた

詰め物がとれたら、まず、取れた詰め物は捨てないように保存しましょう。

ティッシュに包んでいたら、間違えて捨ててしまったという話をよく聞くので、はっきり見えるように保管するのがいいですね。

数日間で帰国するなら:
1週間くらいでは虫歯にならないので、バンコク滞在中はしっかり歯みがきしておきましょう(ただし、詰め物の下が虫歯で取れてしまったという場合もあります)。

長期間滞在するなら:
帰国まで1週間以上あったり、もともと日本で治療中で、詰め物がとれたら歯の根がむき出しになる場合など、放置するより一時的にでも治療してもらったほうがいいですね。

タイの歯科医院

歯が悪い私は、タイに暮らしてからも何度も歯医者さんにお世話になっています。診療してもらった歯科は、

  • 地元の人が通う小規模の歯科医
  • 欧米人に利用されている大規模歯科
  • 日本人が多く利用する歯科

の3か所です。

バンコクの歯科医は、英語が通じますが、歯の症状を説明するには、やっぱり日本語が通じる歯医者さんが安心できました。日本語が通じる歯科医は、ほとんどがスクンビット地域に集まっています。

ネットの情報などでは、「タイの歯医者さんはすぐ抜歯する」というような情報を見かけることもありますが、私の経験ではそんなことありません。治療の前に説明してくれるので、嫌ならはっきり断りましょう。

治療台に横になっても、治療をお断りすることはかまいませんよ。タイ人スタッフたちも気にしません。特別な治療費も請求されないことが普通です。

日本語通訳のいるプロムジャイ歯科

バンコク・スクンビットエリアにある歯科で、私が何度もお世話になっている歯科医院、プロムジャイ歯科を紹介します。クリーニング、簡単な虫歯、詰め物、抜歯、これまで何度も治療を受けてきました。

日本語通訳常駐、治療の前にはかならず金額も含めて説明してくれる、など、安心できる歯医者さんです。

プロムジャイ歯科ってどんなところ?

場所
トンローのソイ8にあります。1階は美容クリニックのAPEX。歯科は2階です(入り口は同じ)。
BTSトンローから歩いて約10分。


予約が必要
タイの歯科は事前に予約をしましょう。プロムジャイ歯科は日本語で予約できます。電話に出たら、日本語で話しかければOK。症状と旅行中であることなどを説明して予約をとりましょう。

診療に必要なもの
とくにありません。詰め物が取れたなら、忘れずにもっていきましょう。

治療費
部分的なレントゲンを撮ってチェックしてもらうだけなら200バーツくらい。

日本の健康保険組合に提出すると、一部の金額が戻ってくる場合があるので、あらかじめプロムジャイ歯科に確認するといいです。

取れた詰め物を戻すだけなら、数百バーツだと思います。

支払い
クレジットカードが使えます。

症状の説明は?
はじめに通訳の人を介して、歯科医に状況を説明します。
症状だけでなく、今は旅行中なので仮の治療にしたいとか、自分の希望も伝えましょう(今までの経験では、あらかじめ電話で話した内容は、きちんと伝わっていました)。

治療の前に
どう治療するか説明してくれます。
抜歯や、新しく詰め直すなど、高額な治療は、金額もあらかじめ教えてくれるので、希望に合わなければ、はっきり、かつ、丁寧にお断りしましょう。

ドライな対応を気にしないのが、タイ人の良いところだと思います。

ちなみに、痛み止めだけほしい場合、強い薬は出してくれないので、ブレズ薬局でロキソニンを買ったほうがいいですよ。

もし、レントゲンを撮ったら、メールで送ってもらいましょう。日本に帰国して治療を受けるときに役立つと思います。お願いしても忘れてメールを送ってくれないこともありますが(^^)、きちんと催促すればOKです。

まとめ

バンコクの日本語が通じるプロムジャイ歯科を紹介しました。歯の痛みがひどいと、旅行の楽しみを奪ってしまいます。食事も楽しくなくなりますしね。

強い痛みが出たら、一時的な処置だけでも、歯医者さんで診てもらうといいですよ。