旅するタイランド
タイの旅行をもっと楽しく快適に
グルメ

バンコクで美味しいハンドドリップコーヒーを飲みたい方のために5店を厳選しました

ハンドドリップコーヒー

ここ数年、めきめきと美味しいコーヒーを出すカフェが増えてきているバンコク。ほとんどはスターバックスのようなエスプレッソベースのコーヒーですが、ハンドドリップコーヒーも侮れません。

豆の個性を活かしてじっくり淹れたまろやかな味の選択肢が本当に増えている! バンコクで絶対おすすめのハンドドリップコーヒーを味わえるカフェ5店を厳選しました。コーヒー好きは行くしかないです。



1. 小さなお店だけど味は太鼓判 アソークのARTiS

ハンドドリップコーヒー

10席あるかないかの小さなお店ARTiS(アルティス)。アメリカ西海岸から進出したお店では本格的なハンドドリップコーヒーを堪能できます。

自家焙煎した豆を挽いていろいろなコーヒーを提供しています。Filter Brewed Coffee(ハンドドリップコーヒー)は70バーツ。これもかなり美味しいのですが、せっかくなのでシングルオリジン(1つの豆だけを使用)のPour Over(ハンドドリップコーヒー)を試してみてはいかがでしょう。

ハンドドリップコーヒー

このようなビーカーで登場します(写真は2人分)。少しずつ小さい方の器に移して飲むスタイルがなんだかうれしい。酸味が効いていて、風味が良いです。140バーツという値段は高いですが、試してみる価値あり。コーヒー好きをうならせる味だと思います。

場所はBTSアソーク駅近く。駅から歩いて5分ぐらいでしょうか。ソイ18の入り口にあります。朝はやくからの営業もうれしいお店です。

ARTiS

住所:390/20 Soi 18, Sukhumvit Rd.
TEL:02-262-0760
営業時間:06:30〜23:00 無休
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/artisbangkok/

2. 焼き菓子も美味しいCeresia Coffee Roasters

日本人御用達のスーパーマーケット、フジスーパーの1号店のすぐ目の前にあるお店がCeresia Coffee Roaster(セレシアコーヒーロースターズ)。

だからといって日本人だらけ、なんてことはありません。白人、タイ人、日本人その他。コーヒー好きがわらわらと集まっているお店です。

ハンドドリップコーヒー

白と茶でまとめた清潔感漂うウッディな空間で、なんだか明るく開放的。

ラテもエスプレッソもありますが、ここにきたらやはりハンドドリップコーヒーを頼まねば。

ハンドドリップコーヒー

カウンターでスタッフが時間をかけてコーヒーを淹れてくれます。いつも同じ人とは限りませんが、あまり味にブレがない印象。豆がいいのか、技術がみな高いのか。フィルターコーヒーは100バーツ。

なお、こちらの店は焼き菓子も充実していまして、種類は少ないですが美味しいです。おすすめはキャロットケーキやレモンタルト。クロワッサンなどもあります。コーヒーとの相性を考えて焼き菓子やパンを選定していると見ました。

インスタグラムを見るとわかりますが、本当に研究熱心なお店なんですー。営業時間が短いのが玉にキズ。

Ceresia Coffee Roaster

住所:593/29-41 Sukhumvit Soi 33/1 Bangkok
TEL: 098-251-4327
営業時間:8:00〜18:00
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/Ceresiacoffee/

3. コーヒーおたく(?)が集まるお店、Pakamara

バンコクのコーヒーおたくというかコーヒー通の間ではとっても有名なお店がPakamara(パカマラ)。なぜかといえばコーヒー道を極めたような店主やスタッフが熱心にやっているお店だから。コーヒーの道具も豊富に揃っています。

豆を選んでハンドドリップコーヒーを注文しましょう。その味のまろやかなこと。馥郁たる味で雑味が少ない。これは美味しいー!! 豆の種類によっても違いますが、チェンライ産の豆のブレンドで100バーツ。ハンドドリップコーヒー

ここはコーヒー豆の自家焙煎が安いことでも知られていて、下のコーヒー豆は250gで120バーツ。タイ産のコーヒー豆をお土産に買っていくのもおすすめです。

ハンドドリップコーヒー

それからこちらの店にはものすごい派手な色のコーヒークッキーがありまして、これもお気に入りです。

パカマラ

しっとりしたクッキーでかなり大きい。ものすごーく美味しいというわけではないですが、お茶うけとして楽しいアイテム。値段は確か60バーツほど。

Pakamaraのフラッグシップストアはトンローの奥の奥にあるので、旅行者にはちょっと行きづらいかもしれません。なので、BTSプロンポン駅から徒歩5分程度の場所にある中規模なショッピングモール・レインヒルの2FにあるPakamaraへどうぞ。ここならプロンポンからお散歩がてらに足を運べます。

Pakamara

住所: 2/F, Rainhill, Sukhumvit Soi 4
TEL:02-261-7830
営業時間:10:00〜21:30 無休
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/pacamaracoffee/

4. 雰囲気もいっしょに味わいたい!INK & LION Café

1〜3の店とはちょっと趣が違うのが、このINK & LION Café。

ハンドドリップコーヒー

熟考したり読書にふけったり、ひとり(じゃなくてもいいけど)静かに美味しいコーヒーを飲みながら時間を過ごしたいというときにぴったりの、雰囲気のあるお店です。

白を基調としたお店ですが、なんだか大人の落ち着きが感じられます。ただし店内が暗いわけじゃないし、別におしゃべりしていて怒られるようなお店ではありません。ここはタイだからね(みなおしゃべり)。

ハンドドリップコーヒー

この日はバンコクで活躍する女性写真家の個展を開催していました(といっても、写真を壁に貼っているだけですが)。写真とか絵とかアートがしっくりくるお店だと思ったら、そもそものコンセプトがコーヒー兼アートギャラリーなんですね。

肝心のコーヒーがまた美味しい。

ハンドドリップコーヒー

そっけないほどシンプルな器で出てくるハンドドリップコーヒー。チェンライ産のコーヒー豆の自家焙煎です。さっぱりとしていて飲みやすい。酸味もほどほど。淹れ方が丁寧なので、味にまるみがあります。100バーツ。

ハンドドリップコーヒー

ポストカードやトートバッグも個性派が揃っています。小さな小さなミュージアムショップってところでしょうか。

INK & LION CAFE

住所:1/7 Soi Ekamai 2, Sukhumvit

TEL:091-559-0994
営業時間:9:00〜18:00  水曜休み
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/inkandlioncafe/?fref=ts

5. 独特のメソッドが持ち味!Alto Coffee Roasters

最後に紹介するのがAlto Coffee Roasters(アルトコーヒーロースターズ)。エスプレッソマシーンを輸入販売している会社が運営しているカフェです。

ハンドドリップコーヒー

シックなインテリアがいいですね。落ち着きます。

この店はSlow Coffee Brewing Methodsで注文する仕組み。

ハンドドリップコーヒー

なんだそのメソッドは?と思ったら、実は簡単。まず豆を選び、次に淹れ方を選んで注文をするというやり方です。淹れ方は以下の4つから選びましょう。

  1. フレンチプレス … ストロング・フルボディ
  2. クレバードリップ … ストロング・クリーン
  3. ドリップ … スムーズ・ミディアム
  4. ドリップオンアイス … コールド・リフレッシング

の4つ。私は3の方法で頼んでみました。豆はエチオピア産をオーダー。時間はけっこうかかりますが、まろやかで舌触りの良いコーヒーがいただけます。1杯135バーツ。

ハンドドリップコーヒー

写真だとわかりづらいのですが、これ、かなり量が多いのです。値段(135バーツ)を見て最初はちょっと高いなあと思いましたが、これだけの分量なら高くはないのかも。できれば、この3分の2ぐらいの分量で100バーツぐらいのコーヒーがあるともっとうれしい。

Alto Coffee Roastersは、ラマ4世通りにあるショッピングモール、スアンプルーンマーケットの1Fにあります。どの駅からもかなり距離があるので、おすすめはトンローやプロンポン駅からタクシーに乗って出かけること。

スアンプルーンマーケットには、ガイヤーンの人気店ニッタヤガイヤーンがあるので、まずニッタヤガイヤーンでガイヤーンやソムタム、コームーヤーン(豚ののど肉の炙り焼き)などイサーン料理を満喫した後で、Altoに行ってコーヒーを飲んでまったりと時間を過ごすコースなどいかがでしょう。満足度200%です。

ニッタヤガイヤーンを始め、スアンプルーンマーケットへの行き方についてはこちらの記事をどうぞ。

日本でも人気が高いタイ料理。でも、人気は一部のメニューに集中しているようです。でもタイ料理の世界は奥深い。まだ日本ではそうメジャーじゃないけれど、超絶おいし…