旅するタイランド
タイの旅行をもっと楽しく快適に
ショッピング

タイ土産にぴったり!KARMART で小さくて可愛い石臼型バームを見つけました

バーム

バームはタイを代表するお土産の1つ。香り豊かで効能のあるハーブを使ったバームはいろいろ発売されていますが、可愛らしさという点で絶対おすすめなのが、プチプラコスメKARMARTの石臼型バーム。ひと目見たら「可愛い!」の声が漏れること間違いなし。キュートな容器に入ったバームを紹介します。



タイ料理に欠かせない石臼を模した容器入りバーム!

タイ料理によく使われる石臼。これ、タイ語でクロックヒンと言います。カレーペーストやナムプリック(ディップの一種)作りには不可欠の道具です。

このクロックヒンを模した容器入りのバームがあるんですよ。

初めてみたときには思わず「可愛い」と(心の中で)叫んじゃいました。一目惚れです。即お買い物。ジャケ買いですね。

バーム

タイのプチプラコスメブランドKARMRTが発売しているREUNROMシリーズのバームで、種類は全部で5つあります。

  1. タンジェリン
  2. ラベンダー
  3. レモングラス
  4. クローブ&ナツメグ
  5. ボルネオール(竜脳)&カンファー(樟脳)

ちょっとアップにしてみましょう。これはタンジェリン。

バーム

大きさは直径4.5cm、高さ4cmほど。手のひらに乗る程度の大きさです。

フタを開けてみました。

バーム

タンジェリン(オレンジの一種)のバームなので、色はオレンジ。中ぶたがついています。お値段は59バーツ。手頃な価格もうれしいです。

あまりに可愛いので、タンジェリンのほかにレモングラスとボルネオール&カンファーもまとめ買い(といっても3個ですが)。

バーム

左がレモングラス、右がボルネオール&カンファー。

バーム

レモングラスの方はいかにも「バーム!」という香り。一方、ボルネオール&カンファーの方はなんといえばいいのかな、あまり強くない香りだけど、効能豊かに感じる香り。表現が難しいけれど、3つの中では一番おとなしめの香りかもしれません。

タンジェリンの方は、そのオレンジの見かけに反して意外にオレンジの香りは控えめ。ほのかに感じる程度なのでつけやすいと思います。

ちなみにこういう箱に入っています。バーム

中身が見えるこのパッケージも好印象。お土産に最適では。もちろん自分で使うのも楽しいです。

バームには以下のような効能あり。

  1. 気分転換
  2. 肩こり
  3. マッサージ
  4. 眠気覚まし
  5. 虫刺され
  6. 鼻づまり・花粉症
  7. 頭痛

使い方は人それぞれですが、ややアレルギー体質のうちのダンナは鼻がぐずぐずいったときに使っているようです。頭痛持ちの私は、頭の芯が重いなというときにささっと使用。こめかみなどにつけるとすーっとします。

蚊に刺されたときにつけてもいいし、ただ気分転換のために使ってもいい。眠気覚ましにもなりますが、くれぐれも使いすぎや使用箇所に注意。目の近くに塗ったりすると涙がとまらなくなります。

KARMARTのショップで買いましょう

REUNROMの石臼型バームはKARMARTのお店で販売されています。

そのKARMARTはどこにあるの?

KARMARTS

このロゴはバンコクのあちこちで見かけます。でも探そうと思うと意外に見つからなかったりするので、ずばりおすすめはBTSサイアム駅。

駅にKARMRTの直営店があるだけじゃなく、駅直結のショッピングモール・サイアムスクエアワンにもお店が入っているからです。つまり2店ある。

KARMARTS

これはBTSサイアム駅にあるお店。駅の5番6番出口の改札を出ると、すぐ目の前にお店があります。売り場は狭いけれど、石臼型バームはちゃんと置いてます。

KARMARTS

こちらは、サイアムスクエアワンの3FにあるKARMART。それなりに広いので、REUNROMシリーズはしっかり揃っています。

BTSプルンチット駅直結のショッピングモール、セントラルエンバシーの6Fでも手に入ります。

バーム

6Fは丸々、「セレクト型書店&雑貨&文具店+コワーキングスペース+レストラン」が集まったOPEN HOUSEというフロア。バンコクでもっともオシャレな場所の1つといってもいいかもしれません。

なので、石臼型バームも上の写真みたいにオシャレにディスプレイされています。テスターもちゃんと用意されているし、ハーブも売っているので(左下の製品)、こちらも試してみてはいかが?

なお、セントラルエンバシーで買うと、石臼型バームの値段は1バーツ高くなっていて、60バーツでした。

チャオプラヤー川沿いの大型ナイトマーケット、アジアティークにも店があります。

KARMART

場所はWAREHOUSE2のエリア。アジアティークはお土産を買うにはぴったりの場所なので、もし出かける機会があればぜひKARMARTにもどうぞ。

マンゴーもち米の香りのハンドクリームはいかが?

KARMARTのREUNROMシリーズにはほかにも楽しいアイテムがあります。

マンゴーもち米

それは、MANGO WITH STICKY RICE SCENTED HAND CREAM。要するに、タイの人気デザート「マンゴーもち米」の香りのハンドクリームです。これです↓

KARMART

デザートの香りのハンドクリームだなんて楽しいじゃないですか。マンゴーもち米ファンの人なら見逃せないのでは。

でも、実際の香りはどうなのか。嗅いでみました。

ハンドクリーム

マンゴーとジャスミンの香りを足して割ったというか、ぼやかしたというか、混ぜたというか。でも確かにクリームを手につけて匂いを嗅いでみると、「マンゴーもち米」の香りがする! そう思って嗅ぐかもしれませんが、楽しいアイテムであることは確か。

30gの小さなサイズで値段は99バーツ。KARMARTのお店で売っています。コンパクトサイズだし、お土産にはぴったり。特に、タイのデザート「マンゴーもち米」のことを知っている人に贈れば、「にやっ」としてもらえそう。

KARMARTSはタイでとても人気があるプチプラコスメのブランドなので、このREUNROMシリーズ以外にもキュートなコスメが勢揃いしています。

こちらのHPを見ると、シリーズがすべて見られるのでチェックしてみては? タイの女性はコスメ大好き。掘り出し物が見つかるかもしれません。