旅するタイランド
タイの旅行をもっと楽しく快適に
グルメ

チェンマイで大人気!カオソーイ専門店 ongtongの味をバンコクで楽しめます

オーントーン

カオソーイといえば、チェンマイの地方料理。

ココナッツミルクが効いたカレースープに卵麺と揚げ麺が一体となった、マイルドでちょっぴりスパイシーなカオソーイ目当てでチェンマイを訪れるという方も多いと思います。チェンマイには美味しいと評判のカオソーイ専門店がいくつもありますからね。

うれしいことに、その中の1店がバンコクに進出。可愛い店をオープンしました。アーリーに誕生したチェンマイ初の人気店、オーントーンカオソーイ(ongtong khao soi)を紹介します。



一人でも入りやすい!? 可愛いカオソーイ専門店

チェンマイにあるオーントーンヌードル(Ongtong Noodle)は、日本のガイドブックなどではほとんど紹介されていないようですが、かなり人気のカオソーイ専門店。

タイ版食べログ、wong naiでも高めの点数を獲得しているし(このページ参照)、トリップアドバイザーの評価も高い(このページ参照)。

そのオーントーンヌードルが、バンコクのアーリーに小さなお店を出しました。店名はオーントーンカオソーイ。10種類のカオソーイに、タイ北部地方の料理を7種類ほど揃えた小さなお店です。

オーントーン

間口が本当に狭い小さいですが、ご覧のようにウッディな作りで温かみのある雰囲気。ロゴも可愛いです。

オーントーン

2F席もありまして、全部で40〜50席ぐらいでしょうか。一人でも入りやすいタイプのお店なのはうれしいかも。

オープンしたのがほんの1週間ほど前ということもあるのか、お昼時は行列ができるほどの人気です。タイ人、新しもの好きですからね。すでに口コミで「あそこ行った?」と、近隣の会社員たちに評判が広がっているようでもあります。

お店があるアーリーは意外に会社が多い街なので、ランチタイムはどのお店もいっぱい。行くならランチの時間を避けた方がいいかもしれません。

カオソーイが10種類揃ってます!

カオソーイのメニューは全部で10種類。

  1. チキンカオソーイ 69バーツ
  2. ポークカオソーイ 69バーツ
  3. ビーフカオソーイ 69バーツ
  4. シャンク(牛スネ肉)カオソーイ 79バーツ
  5. 炒めた鶏肉のカオソーイ 89バーツ
  6. 炒めた豚肉のカオソーイ 89バーツ
  7. 炒めた牛肉のカオソーイ 99バーツ
  8. 炒めたシャンク(牛スネ肉)のカオソーイ 109バーツ
  9. タイ北部ソーセージ入りカオソーイ 89バーツ
  10. タイ北部地方のカレーライス 79バーツ

厳密にいうと、10はカレーライスなのでカオソーイではないですが、やはり北部の名物料理。ゲーンハンレーといって、ごろっとした豚肉と生姜がたっぷりと入っていて、マイルドな中にも少し酸味が効いた、ご飯がすすむカレーです。

オーントーン

写真のように、メニューを見ながら好きな料理を用紙に記入し、店員さんに渡します。

もっともオーソドックスな「ザ・カオソーイ」とでもいうべき人気メニューのチキンカオソーイがこちら。

オーントーン

味の特徴をまとめてみました。

  • 卵麺の茹で加減がちょうどいい
  • 揚げ麺もカリカリ
  • マイルドなんだけど適度に辛味のあるスープ
  • ココナツミルクが効きすぎてない印象
  • 鶏はやわらかくて身がすぐにほぐれます
  • ボリュームはちょっと少なめ?

69バーツでこの味なら上等ではないでしょうか。すごく気に入ったので、次は別の種類にチャレンジしてみたいと思います。おすすめです!

BTSアーリー駅からすぐの場所

オーントーンカオソーイは、BTSアーリーから徒歩2分ほどの場所にあります。

  1. アーリー駅の3番出口を出る
  2. 階段で地上に降りたらUターンをして少しだけ歩く
  3. 大きな通り(ソイアーリー)を左に入る
  4. 歩いて1分ほどで道の左手にオーントーンカオソーイ(セブンイレブンより少し手前)

営業時間 11:00〜20:00 無休

*詳しい情報、分かり次第また追加します。