旅するタイランド
タイの旅行をもっと楽しく快適に
ホテル

朝5時から朝食OK!バンコクを早朝に旅立つ人におすすめのホテル5選

朝食が5時台のホテル

ホテルの朝食時間はほとんどが朝の6時か7時から。

飛行機の都合で早朝の6時前には旅立ちたい、なんてときには困りますよね。

でも、探せばバンコクには朝の5時台から朝食を提供しているホテルがあるのです。

朝食が早いホテル

そんなホテルの中からおすすめのところを5つ、ピックアップしてみました。



バスタブ付きの清潔な部屋が好評!5時から朝食OKのセントジェームスホテル

場所:BTSプロンポン駅から徒歩5分弱
住所:18 Soi 26, Sukhumvit Rd., Klongton,
料金:1泊7000円〜

セントジェームスホテル駅の両側にショッピングモールがあって、周囲に美味しいレストランも多いBTSプロンポン駅。セントジェームスホテルはそのプロンポン駅から徒歩5分弱の場所にあります。

朝食が5時台のホテル

このホテルでの朝食タイムは早朝の5時〜10時。朝食を食べた後、5時半にはもうホテルをチェックインできるわけです。これは素晴らしい。

ホテルの評判も上々です。決して新しいホテルではありませんが、一番狭い部屋でも32㎡と広く、部屋は清潔で、バスタブ付き。スタッフも親切だと高評価です。

セントジェームスホテル

朝食の内容については賛否両論ありますが(「賛」の方が多いけど)、こんなに早くから食べられるのですから、多少目をつぶってもいいのでは。

このホテルの問題を一つ挙げるとすれば、ホテルがあるソイ26の通りにはエロ系マッサージ店がたくさんあること。

店の前ではいつもお姉ちゃんが客待ちしていて、用がない人にとってはかなりうっとうしい。でもその一帯を通らないとホテルにたどり着けないのです。

といっても強引な客引きはないですし、そこさえ通り抜ければあとは快適でリーズナブルなホテル環境が待っている。ソイ26の通りには、エロマッサージ屋だけでなく、名店と名高いクイッティアオのお店「ルンルアン」もあります。

ここはホントに安くて美味しい(1杯50バーツ)。バンコク一と評判のクイッティアオ屋さんですから、エロマッサージ店のうっとうしさなんて帳消しになりますよ。ホテルに泊まったらぜひ一度味わってみてください。

  • 朝食は朝5時から
  • ショッピングが楽しい町、プロンポン駅から近い
  • バスタブ付きの部屋は清潔
  • スタッフも親切だと好評
  • 駅からホテルに行く道にエロマッサージ屋が多い
  • すぐ近くにバンコクNo.1とされるクイッティアオ屋あり


agodaで予約Expediaで予約楽天で予約Booking.comで予約

リピーターが多いサービスアパート、V レジデンス バンコクも朝の5時から朝食提供

場所:BTSプロンポン駅から徒歩5分強
住所:704/1 V Residence Building Sukhumvit Road Bangkok
料金:1泊1万円〜

部屋が広くて、キッチン、食器・調理器具、冷蔵庫や洗濯機などの設備が充実しているサービスアパート。ホテルとの違いは、フロントサービスがなかったり、毎日の掃除がなかったりすることですが(毎日のところもある)、コスパの高さからあえてサービスアパートを利用するという人もたくさんいます。

Vレジデンス

ここで紹介するVレジデンス バンコクもやはりリピーターが多いサービスアパートの一つ。しかもここ、朝の5時から朝食を出してくれるサービスアパートなのです。

Vレジデンス

一番狭い部屋でも47㎡あって、ウォシュレットは全室完備。部屋は清潔で、キッチン、冷蔵庫、洗濯機はもちろん、ズボンプレッサーまで揃っています。

Vレジデンスオープンから10年は経っていますが、メンテナンスがいいのか、利用者の評判は上々。部屋は飽きのこないシンプルでベーシックなインテリアでまとめられています。

最寄り駅のBTSプロンポン駅から約5分なので、便利な立地ではありますが、正直いうとプロンポン駅からの道のりはちょっと寂しい。反対側の通りだとエンポリアムデパートもあるし、賑やかなんですが。

先に紹介した、エロマッサージ店の前を通り過ぎなければならないセントジェームスホテルと、駅からの道のりがちょっとつまらないVレジデンス。でもどちらもたった5分の距離なので、許容範囲内だと思います。あとは好みの問題でしょうか。

Vレジデンス

朝食を朝5時から提供してくれるウォシュレット付きのサービスアパートは貴重ですよー。

  • 朝食を朝5時から提供
  • 部屋は広くて清潔、メンテナンス上等
  • キッチンや家事周りの設備が充実
  • 全室ウォシュレット付き
  • エントランスがちょっと狭いかも
  • BTSプロンポン駅からの道のりがややつまらない


agodaで予約Expediaで予約楽天で予約Booking.comで予約

ザ スコーソン ホテル バンコクなら朝5時半から朝食が食べられます

場所:BTSパヤタイ駅から徒歩3分
住所:477 Si Ayuthaya Road, Phaya Thai, Bangkok
料金:1泊1万8000円

ザ スコーソン ホテル バンコク

BTSパヤタイ駅は、スワンナプーム空港へ行く電車・エアポートリンクの始発駅でもあります。そのパヤタイ駅から歩いて3分という便利な場所にあるのがザ スコーソン ホテル バンコク。

空港に深夜着とか早朝出発というときにも使いやすいホテルです。

ザ スコーソン ホテル バンコク

こちらの朝食は5:30〜10:00。5時からではないですが、なにせエアポートリンクの始発駅パヤタイ駅から近いので、これでもじゅうぶんではないでしょうか。

お部屋は一番狭いタイプで32㎡。専用のバスルームにシャワーブースもあって、1泊8000円〜という価格はお得感があります。

ザ スコーソン ホテル バンコク全体的にゆったりと作られていて、新しくはないもののそれなりに高級感があるのがいい。

ザ スコーソン ホテル バンコクただし、このホテルの周囲はお店があまりないのです。

パヤタイ駅も、ホテルと反対側の一帯ならカフェがあったり、それなりに賑わいがあるのですが、ホテルがある通りはちょっと寂しい。コンビニもないです。

でも、ちょっと足を伸ばしてお隣の戦勝記念塔駅まで行けば、ローカルな魅力にあふれた活気のある町を体験できます。パヤタイ駅と戦勝記念塔駅は非常に近くて、歩いても10分ぐらいですからね。

戦勝記念塔駅界隈にはオシャレなカフェはないけど、庶民的で美味しいレストランや食堂は多数。キングパワーの大型免税店も近いです。

パヤタイに限定して考えず、行動半径を少し広げるとバンコク滞在が楽しくなると思います。ともかく空港への「足」という意味ではスグレモノのホテルです。

なお、このホテルの名称は予約サイトによっては「スコソル」となっています。英語表記が「Sukosol」だからですが、読み方としては「スコーソン」もしくは「スコソン」が正しいです(ホテルの公式サイトでも「スコソン」になっています)。

というのは、タイ語では末尾の「l」は「n」と読むから。タイ語表記を英語にしたときに「l」をそのまま持ってきたのだと思われます。タイ人はこのホテルを「スコソン」と読むので、もし口にする機会があったら「スコソン」と発音するのがベターです。

  • 朝食は朝5時30分から提供
  • スワンナプーム空港行きのエアポートリンク始発駅のパヤタイ駅から歩いて3分
  • 部屋は広め
  • バスタブに専用シャワーブース付き
  • サービスは高評価
  • ホテル周辺はお店が少なくちょっと寂しい
  • お隣の戦勝記念塔駅にいけばローカルパワー炸裂で美味しいお店多数


agodaで予約Expediaで予約楽天で予約Booking.comで予約

広くて清潔なサービスアパート、サマセットスクンビットトンローの朝食は朝5時半から

場所:BTSトンロー駅から徒歩15分弱
住所:115 Sukhumvit 55 (Thonglor), Sukhumvit Road, Klongton Nua, Wattana,Bangkok
料金:1泊1万2000円〜

サマセットスクンビットトンロー

サマセットスクンビットトンローは、BTSトンロー駅から歩いて12〜13分ほどの場所にあるきれいで清潔なサービスアパート

サマセットスクンビットトンロー

朝食は朝の5時半から提供しています。朝食メニューが豊富のようで、レビューでは朝食を高く評価する声も多いですね。

サマセットスクンビットトンロー

お部屋は一番狭いタイプでも40㎡。サービスアパートなので、キッチン、電子レンジ、洗濯機、乾燥機は付いているし、一通り調理道具も揃っています。長期滞在も楽々でしょう。

レビューも全般的に好評。清潔、広い、近くにスーパーもあって便利等など、お気に入りの人が多いようです。

BTSトンロー駅まではちょっと距離がありますが、ホテルにはトゥクトゥクによる送迎サービスがあるので、それを使えば便利でしょう。

たった7バーツで利用できる赤バスに乗るのも手。ソイトンローの大通りを走っている赤いバスです。

エアコンはついてませんが、どこで乗っても降りてもOK。トンローに住む人の貴重な足になっている赤バスに乗車するとローカル気分を満喫できますー。

トンローは新しい店が続々と生まれ、バンコクのトレンドを生み出しているエリア。その活気に触れるのも楽しいですよ。

  • 広くて清潔なサービスアパート
  • 朝食は朝5時30分からでメニューも豊富
  • 設備が充実しているので調理も洗濯も楽々
  • BTSトンロー駅からはやや歩く
  • トンロー界隈は面白い店がたくさん!


agodaで予約Expediaで予約Booking.comで予約

朝の5時から提供している朝食が大評判!ナライホテル

場所:BTSチョンノンシー駅から徒歩10分弱
住所:Silom Road, Bangrak, Bangkok
料金:1泊8000円〜

ナライホテルできてから年月が経つものの、改修を重ねてそれなりの綺麗さを保っているのが、このナライホテル。

ナライホテル

正直、以前は少しくたびれた印象でしたが、最近の評判は悪くない。いえ、清潔になった、部屋が広くなった、サービスも良くなったと好評です。

ナライホテル

とりわけ朝の5時から提供している朝食を高く評価する声多数。メニューが多い、美味しいなどなど、リニューアルを機会にがんばったのかもしれません。

ナライホテル

部屋のインテリアは落ち着いた印象です。派手さとかデザイン性はないけれど、良い意味でタイらしい。

広さは一番狭いタイプで28㎡。標準よりちょっとだけ広めで、バスタブ付き。

時期を選べば、料金は1泊7000円台だし(ときにはもっと安くなることも)、周辺にはレストランやショップもたくさんあります。サービスについても評価が高く、依頼すればアーリーチェックインもOK(ホテルの稼働状況にもよりますが)。

難を言えば団体客がけっこう多くて、時期によっては中国人観光客とぶつかる可能性も。でも、名より実を取るという方、コストパフォーマンスが高くて、朝食を早い時間に取れるホテルを希望している方にはおすすめの選択肢です。

  • 朝食は朝の5時半から可能
  • 朝食はメニュー豊富で高評価
  • 部屋はやや広めで清潔、バスタブ付き
  • サービス良好
  • 団体客とぶつかる可能性もあり


agodaで予約Expediaで予約楽天で予約Booking.comで予約