旅するタイランド
タイの旅行をもっと楽しく快適に
ホテル

バンコクでコスパの良いホテルならエバーグリーンローレルホテルが一押し!

エバーグリーンローレルホテル

バンコクでコストパフォーマンスの良いホテル。私のおすすめはエバーグリーンローレルホテル。

エバーグリーンローレルホテル古くて駅からやや歩きますが、メンテナンスがしっかりしていて駅からの道も屋台がたくさんあって楽しい。コストパフォーマンスの高いホテルの代表格です。

以下、その魅力をあげてみました。



コスパが良いホテルとは?

ホテルの価値は「値段なり」です。良いホテルは値段が高いし、安いホテルは「それなり」。
ホテルの料金を左右する要素は主に

  1. 立地
  2. 新しさ

の2つ。

立地が良くて(つまり最寄り駅から近いとか繁華街に行きやすいとか)、できたばっかりであれば当然価格は高くなります(オープニングの際にはバーゲン価格で出ていることも多いですが、それは例外)。

その逆に、駅から遠くて古ければ価格は安くなりますが、

  1. 駅からの道のりが楽しい(いろいろなお店がある)
  2. 古いけれどしっかりメンテナンスされているので不備がない

の2つが満たされていれば、そのホテルは安いけれど価値のあるホテル、つまりコストパフォーマンスの高いホテルといえるのです。

エバーグリーンローレルホテルはまさにこれ。

最寄り駅のBTSサラデーン駅からは徒歩15分、BTSチョンノンシー駅からは徒歩7分と、やや歩く立地ですが、この道のりがいいんですよ。

BTSサラデーン駅からホテルに行く道沿いにはいまも屋台がたくさん出ていて、庶民の味が楽しめます。オシャレなカフェも増えてきました。つまり、歩くのがたいして苦にはならないということ。

部屋もお風呂も広くて清潔。それでいて、1泊7000円から利用可能なのは、本当におすすめだと思います。

重厚感あるクラシックな共有部

1993年にできているので、もう築年数25年経っていますが(2006年に改装)、格があります。四つ星ホテルのくくりではあるものの、クラシックなインテリアには豪華さがあります。

エバーグリーンローレルホテル

エントランスからロビー、エレベーターホール、廊下、部屋に至るまで、とにかく重厚感があるのがこのホテルの良さ。

エバーグリーンローレルホテル「格調」を感じるデザインなんですよ。

茶色をベースにエバーグリーンローレルホテルのシンボルカラーである緑をアクセントに使ったインテリアは上品でいいカンジ。

エバーグリーンローレルホテル上の画像はエレベーターホール。壁やエレベーターのドアは白で統一。白だと汚れが目立つはずなんですが、お掃除がしっかりされているのでしょう。汚れはありません。

古いホテルなんですけどね。メンテナンスが入念にされていることがわかります。

広いバスルームが最高!

さて、お部屋に入ってみましょう。

エバーグリーンローレルホテルこちらはスーペリアルーム。一番安いタイプですが、広さは36㎡あります。上品でいいですね。茶色を基調にしたシックなインテリアが光ります。

家具は重厚感あります。

エバーグリーンローレルホテルクロゼットとデスク。扉が重いです。

このクロゼットをあけるとバスローブとスリッパ、セーフティボックスがあります。

エバーグリーンローレルホテルスリッパがない、とホテル予約サイトに書かれてましたが、そんなことありません。ちゃんとあります。

エバーグリーンローレルホテルほらね。なかったらリクエストしましょう。

エバーグリーンローレルホテル湯沸かしポットとカップ、ティーセット。

エバーグリーンローレルホテルインスタントコーヒーやティーバッグ、砂糖など一通り揃っています。

お部屋も快適ですが、一番気に入っているのはバスルームが広いこと。

エバーグリーンローレルホテルわかりますかね。このバスタブはセントレジスよりも広かった。というか、これまで利用したことがあるホテルの中でも一番広かった気が。ほんとにワイドです。

水圧はばっちりなので、お湯もすぐたまります。

エバーグリーンローレルホテルシャワーブース付き。バスタオルも大きくてふかふかで問題なし。

で、手前のトイレなのですが、これ、実はシャワートイレなのです。

エバーグリーンローレルホテルちょっと見にはわかりにくいのですが、右側にレバーがついていて、これを前後に動かすとちゃんと水が出てきます。

説明がどこにも出ていないので、気づかないままの人も多そう。もったいない!

エバーグリーンローレルホテル気が付きにくいといえば、バスルームの照明スイッチ。ないない!と思っていたら、ルームキー(カード)を差し込む口の下にあります。この「BATH」の部分を押せば明かりがON!

もうちょっとわかりやすいといいのに…というのが唯一の不満でしょうか。

超豪華ではないけれど必要にして十分な朝食

巨大な5つ星ホテルのように朝食会場は広くありません。こじんまりとまとまっています。

エバーグリーンローレルホテル朝食会場は1Fのレストラン。シックなインテリアとゆったりとしたレイアウトが特徴です。

エバーグリーンローレルホテルこちらは卵料理のコーナー。

エバーグリーンローレルホテルできたてパンケーキがあるのがうれしかった。

エバーグリーンローレルホテルこちらはヨーグルトやフルーツのコーナー。

エバーグリーンローレルホテルこちらはパン。種類は多くないですが、美味しいパンが揃っています。

エバーグリーンローレルホテルデニッシュ類もありました。一通りは揃っているので連泊しても飽きなさそう。

エバーグリーンローレルホテルサラダコーナー。ワタシ的にはハムやソーセージの種類がもっとほしかったかな。

とはいえ全体的には満足。159室のホテルなので、朝食時間もあまり混み合わないのがいいです。

なお、このホテルの2階にある中華レストランは飲茶が美味しいです。

エバーグリーンローレルホテルわざわざ行く価値ありです!

駅から延々連なる屋台群

距離や近さという点ではBTSチョンノンシーが最寄り駅になりますが、歩いていて楽しいのはBTSサラデーン駅からの道のり。

コンベント通りコンベント通りには入り口から延々、屋台が連なっています。

コンベント通りカオマンガイの人気店もあります。ここデリバリーもしているという超繁盛店。

コンベント通り値段は確か40バーツ。ご飯が、長粒種、中粒種、短粒種の米をミックスして炊いているので食感の妙を味わえます。こういうご飯は初めて食べました。

カオマンガイのほかにもクイッティアオ、バーミー、ラートナー(あんかけ麺)、おかず屋台など種類の違う屋台が揃っているので、あれこれ食べ歩くのも楽しそうです。

コンベント通り

ただし屋台がもっとも出ているのは平日(月曜除く)。土曜日になるとちょっと数が減りますが、それでも屋台はちゃんと出ている。

大きな通りからはどんどん屋台が消えているバンコク。ここ、コンベント通りの屋台街は貴重です。

さて、シックでクラシックでゆったりと過ごせるエバーグリーンローレルホテル。コストパフォーマンスは本当に高いです。駅から遠いのはたいして気にならないという方にはおすすめできるホテルです。


agodaで予約エクスペディアで予約楽天で予約Booking.comで予約