旅するタイランド
タイの旅行をもっと楽しく快適に
グルメ

ドンムアン空港で美味しいご飯を食べるなら国内線ターミナルへ移動しよう

日本からドンムアン空港に到着したとき、ドンムアン空港から日本に戻るとき。空港で食事をしたいなら、ぜひ国内線のターミナル(第2ターミナル)に移動しましょう。

<食>の中身は断然、国内線のターミナルの方が勝ち! おすすめレストランを紹介します。



国内線ターミナルのほうがきれいなんです

意外かもしれませんが、ドンムアン空港は国際線ターミナル(第1ターミナル)よりも国内線ターミナルの方が後からリノベーションされています。

だから、きれいさでは圧倒的に国内線ターミナルのほうが上。

で、食事面についても、国内線の方が充実しています。国際線ターミナルにも、レストランはないではありません。でも、数店ある程度。

しかも、あまり美味しくありません。

一方、国内線ターミナルは、魅力的なお店が入っているフードコートがあって、むちゃくちゃ充実しています。

なので、ドンムアン空港で美味しいご飯を食べよう!と思うなら、国内線ターミナルに移動しましょう。

国内線ターミナルへの移動はラクラク

でも、ターミナル間の移動は大変じゃないの?

そう思いがちですが、ドンムアン空港の場合、国内線ターミナルと国際線ターミナルは隣接してます。本当にすぐ隣につながっているので、移動しても時間はかかりません。

歩いて3分ぐらいです。

行き方は簡単。

出国する前に、国際線ターミナルの4Fにあがって、そこから右側(入り口から向かって)に進みます。

フードコートがあるのは制限区域外。出国する前に食事を楽しみましょう。

フードコートは先にクーポンを購入して利用します

フードコート「マジックガーデン」は、24時間営業。

ただし、早朝や深夜になると、営業する店の数が少なくなるので、やや寂しくなりますが、10時〜22時ぐらいであれば、ほぼフルで営業しています。

MK(タイスキの人気チェーン)などタイ料理のお店に始まって、やよい軒や博多ラーメンなどの日本食もあります。バーガーキングもあります。お店の数はざっと20店ほどでしょうか。

フードコートを利用する場合には、先にクーポンを買いましょう。「Cashier」の表示があるカウンターでクーポン(カードタイプ)を購入して、それを使って、各店で支払います。

余ったら必ずリファンドしましょう。再びカウンターに行き、「リファンド」と言いながらカードを出せば、余ったお金が戻ってきます。この一手間はお忘れなく。

おすすめはサクサクの食感がたまらないボンチョンチキン

私の一番のおすすめは、フードコートの向かい側のエリアにあるボンチョンチキン。

こちらのエリアはクーポンではなく、直接お店に代金を支払います(クレジットカードOK)。

その中で、私が定番としていつも利用しているのが、韓国のボンチョンチキン。バンコク市内に30店ほど店があって、どこも行列ができるほどの人気です。

このお店の何が人気って、そのカリカリサクサクとした食感がたまらない看板商品のフライドチキン。

ボンチョンチキンのこの食感は、他のどこでも味わえない!と言ってもいいほど、独特。病みつきになります。

一見、普通に見えますが、ほおばると「カリカリ」で、クリスピー。書いていたらまた食べたくなりました。

味は、ソイガーリック味とスパイシー味の2種類。後者はそれなりに辛いです。

ドンムアン空港店では、メニューを少し絞っているのですが、セットメニューが充実しているので、それを選ぶのがおすすめです。ご飯とドリンク付き、フライドチキン5本で229バーツ(約800円)。お腹いっぱいになります。

ボンチョンチキンは、アメリカにも進出していて、「NYのベストフライドチキン」や「ベストフライドチキンinアメリカ」にも選ばれているほど。その味をタイで食べるのも楽しいですよー。